橋爪流インターバンクディーラーFX

橋爪流インターバンクディーラーFX【ついに日本図書コード取得】橋爪流インターバンクディーラーFX〜アメリカのインターバンクディーラーのトレード手法をシンプルに解き明かしピンポイントにピンポイントにトレードする手法〜

販売終了しました。

橋爪流インターバンクディーラーFXは
基本マスター編
実践マスター編
完全マスター編
の3冊から成り立っております。

基本マスター編では、
当FXノウハウの基本を学んで頂きます。

実践マスター編では、
4人の有名とレーダーを例に挙げた
実践方法等をマスターして頂きます。

完全マスター編では、
当ノウハウの根幹である
橋爪流インターバンクディーラーFXの
真髄をマスターして頂きます。

さらに限定特典である応用マスター編を取り入れる事で
8割〜9割の勝率まで上げる事が出来ます。

外資系インターバンクのディーラーのトレード手法を取り入れ、
応用したものですので、信頼度も高いです。
※ インターバンクディーラーとは?
銀行間市場で取引をするディーラーの事
狭義ではスポット・ディーラー。
原則としては、インターバンク市場は、「銀行」しか参加できない。
外国為替市場では、近年、外為法が改正されて、
大手証券会社などがインターバンク市場に参加するようになった。
直物為替ポジションを取るのが、スポット・ディーラー(直物為替ディーラー)。
スポット・ディーラーは、為替相場の値動きを追いかけて、売買を行い、
顧客にプライスを提示し、
そのカバー・ディール(Cover Deal)を行います。
インターバンク市場で取引を行うディーラーという意味で、
直物為替のポジションを持って売買を行う「スポット・ディーラー」、
先物為替取引を行う「フォワード・ディーラー」、
金利取引をする「デポジット・ディーラー」、
金利スワップなどを担当する「スワップ・ディーラー」、
オプション取引を担当する「オプション・ディーラー」などが、
広義でのインターバンク・ディーラーと言う。
※ カバー・ディールとは?
顧客取引で通貨を相手先に売った場合、その通貨の残高が不足することになる。
だから、インターバンク市場で、その不足した通貨を買ってくることが必要になる。
逆に通貨を顧客から買った場合は、
その通貨が余った状態になるので、その余った通貨をインターバンク市場で売ることが必要になる。
このように、顧客取引の反対売買をして、残高を調整するための取引を、カバー・ディールという。


ノウハウ通りに3ヶ月間実践して
勝率が7割に満たなかった場合、
購入代金の全額を返金致します。


これも証券会社で勤務した経験のある
橋爪さんだからこそできることでしょうね。

他のFX情報商材と比べてみても
お求めやすい価格で設定されていますので
いつ値上げになるか分かりませんよ。

気になっている方は
お早めにご購入されることを
おすすめします。

FX情報商材で笑っていいとも!でのご紹介はここまでです。
興味をお持ちいただいた方は、
是非続きをご覧になってみてくださいね。

★続きはこちらから★

ただ今【FX情報商材で笑っていいとも!】からご購入いただくと
タモタモ特典をプレゼントいたします。


応援ありがとうございますm( 。 。)m
-------------------------------------------------------------------------------- 情報商材専用検索エンジン!ついに登場!
まずは「FX」と入力して検索してみて下さい。 当ブログにない情報商材も楽々検索
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。